横浜・川崎、交通事故治療で口コミNo.1の整骨院

田中治療室グループトップ画像
お問い合わせはこちら

■当院に掛かる前に事故直後からやっておかなくてはならないこと
@まず、最寄の警察に交通事故の届出
A相手(加害者)の情報を収集
B現場での目撃者を確保
C現場の記録
D病院にて医師の診断をうける
E保険会社の担当者に当院(整骨院・接骨院)での治療を希望することを伝える
@まず、最寄の警察に交通事故の届出

治療前に必要なこと1 事故にあったら、まず警察に電話しましょう。大した事故ではないと自己判断はしにいようにします。警察への届出を忘れると、保険会社に保険金を請求する時に必要な「交通事故証明書」が発行されません。加害者には届出の義務がありますが、加害者が届出をしないことがあります。必ず届けるようにしましょう。その際、届け出警察署と担当官の名前はメモしておきましょう。
A相手(加害者)の情報を収集

治療前に必要なこと2 加害者の氏名・住所・自宅と携帯の電話番号・自動車の登録ナンバー・自賠責保険の会社名と証明書番号・任意保険の会社名をしつかりと確認しておきます。その他にも勤務先や雇主の住所、氏名、連絡先も確認してください。(※ 業務中であれば、運転者だけでなく雇主も賠償責任を負うことがあります。)
B現場での目撃者を確保

治療前に必要なこと3 万が一、相手方とトラブルになった際には第三者の意見がおおきな力となります。通行人など交通事故の目撃者がいれば、協力を得て、証言をメモしましょう。氏名や連絡先を聞いておき、必要ならば証人になってもらうよう、頼んでおきましょう。
C現場の記録

治療前に必要なこと4 これが交通事故の二次被害を防止する上で最も重要です。事故現場の痕跡(ブレーキ痕、壊れた自動車の部品等)、加害車両、被害車両の同じ箇所についていろんな角度から、携帯電話等により写真を撮っておきましよう。加害者が虚偽を言い、それを元に事実認定が進まない為の良策です。
D病院にて医師の診断をうける

治療前に必要なこと5 交通事故の治療には医師の診断が必要です。見た目には怪我がなかったり、あっても軽い怪我と思える場合でも必ず病院で検査を受けてください。例え、その日には何の症状がでていなくても、後日何らかの重大な症状が隠れている場合が多々あります。
E保険会社の担当者に当院(整骨院・接骨院)での治療を希望することを伝える

治療前に必要なこと6 電話で保険会社の担当者に当院(整骨院・接骨院)での治療を希望することを伝えて下さい。保険会社より当院に交通事故の治療依頼の連絡が入り、治療開始となります。
TOPに戻る
お問い合わせはこちら
田中治療室グループ
髓゚見本院  045-503-3987
體倹_奈川院  045-312-0978
髏崎院  044-200-0986
COPYRIGHT 2017
田中治療室グループ
ALL Rights Reserved