知らなきゃ怖い事故後遺症の真実 無料レポート

治療事例・実際に通われている方の声

これであなたも一生健康!無料で健康情報が手に入ります!

メールアドレス(必須)
名前

田中治療室グループ HOME > 交通事故の症状別対応・むち打ち

交通事故の症状別対応・むち打ち

なぜ交通事故でむち打ちになるのか?

なぜ交通事故でむち打ちになるのか?

交通事故の接触追突事故などの衝撃により、首の部分がムチがしなるように前後に連続して大きく動くためにむち打ち症と呼ばれています。

それ以外にも、頭部の外傷や打撲が原因で起こる場合もあります。また交通事故により首の周りの、筋肉、靱帯、椎間板、血管などが損傷するものです。

軽度のむち打ちでは、痛みは首にとどまり、首が動かしづらいといった程度ですが、ひどい場合は、痛みが腕や背中、後頭部まで広がります。

さらに重症になると、脊髄や脳が障害され、吐き気やめまい、耳鳴り、まひ手足の麻癖、言語障害などが起こることもあります。

また、交通事故が原因の場合は、精神的なショックや不安が症状を悪化させたり、長引かせたりすることもあります。

整形外科などの病院で完治しにくい理由(接骨院が向いている理由)

整形外科での治療は、湿布、痛み止め薬、頚椎カラー、(頚椎牽引)位です、このレベルの治療では殆ど完治しません。

しかし、接骨院では、湿布はもちろんの事、治療に一番大事な手当て即ち、あん摩マッサージ指圧を充分に時間をかけて丁寧に行い、レントゲンフィルムに基いて、手により首の配列、脊椎の配列を時間をかけて、正しく戻していきます。

整形外科の医師の機械的な対応ではなく、あなたと先生がマンツーマンで患者さん目線で治療にあたりますので、安心して治療にかかれます。

また事故により発生した、精神的なショックや不安も先生との会話によりいち早く取り除かれるでしょう。

甘く見ていると危険(数ヶ月後・数年後に痛みが再発する可能性)

むちうち症は適切な治療が行われない限り、数ヶ月後・数年後に痛みが再発する可能性、即ち、後遺症が残って痛みがぶり返す可能性があります。

その原因は正しく首の配列が治っていなかった事により起きています。むちうち症による痛みが緩和されなければ、仕事や生活もままならず、精神的にも辛い思いをする事態に追い込まれます。

交通事故を原因とするむちうち症の場合、治療が長期間に及ぶと保険会社ともめることもあります。

むちうち症はしっかり完治させておかないと、生涯痛みが消えない恐れもあります。軽度の痛みだから、と油断していると、後遺症を残ったり再発の危険性があるので、要注意です。

当院に来ている患者さんでも、後遺 症に悩んで自殺も考えたという方も通院しております。

田中治療室での治療の流れはこちらのページをご確認ください。

鶴見本院

営業時間午前9:00~12:00 午後 2:00~6:00

http://tsurumi-
seitai.info/

045-503-0987

マウスで動きます

大きな地図で見る

東神奈川院

午前10:00~午後1:00 午後 2:30~7:00

http://kanagawa-seitai.info/

045-312-0978

マウスで動きます

大きな地図で見る



pagetop

鶴見本院:045-503-0987 東神奈川院:045-312-0978 川崎院:044-200-0986